フルマネージドサービスは、アイテック阪急阪神のi-TECマネージドクラウド

i-TEC マネージドクラウド
お電話でのお問い合わせはこちらから

AWSマネージドサービス

AWSの導入・設計から既存システムの運用監視まで行う
クラウドマネージドサービス。
AWSの基本月額費用を値下げしました!

ご要望に合わせて選べるマネージドサービス

一部サービスのみのご利用もOKです。

構築代行
構築代行

AWSサービス構成の作成から
利用料のシミュレーションから
構築まで対応

監視・障害対応
監視・障害対応

AWSのインスタンス監視から
障害通知、障害対応まで
24時間365日有人体制で実施

支払代行
支払代行

AWSへの支払いを代行し、
日本円の請求書を発行

よくあるお客様の課題と解決策

よくあるお客様の課題1

・サーバ監視・運用保守のノウハウがない。
・障害時に復旧作業をする体制がとれない。

解決策1異常を検知したら素早く復旧します。

フルマネージドクラウドには標準で24時間365日の監視サービスと障害復旧対応が含まれています。
監視システムがお客様システムの性能低下や機能停止などの異常を検知すると、サーバエンジニアが速やかに調査・復旧作業を開始。
システム起因のサービス停止リスクを大幅に低減します。

構築から運用まで、ワンストップでご提供。

よくあるお客様の課題2

・サーバ構築の作業が負担になる。時間が作れない。
・構築において必要となる専門的スキルがない。

解決策2インフラ運用管理の負担を軽減できます。

クラウド運用における様々な課題に対して、担当営業や弊社エンジニアが直接ヒアリングさせていただき、見積・提案をさせていただきます。
DosアタックやWeb改ざんといった標的型攻撃に対してのセキュリティ対策やアクセス集中対策など、部分的なご相談も承ります。

用途に応じたさまざまなサービスをご提案。

よくあるお客様の課題3

・自分たちでは気づかない対策などを提案してほしい。
・自社の環境や構成を熟知した専任のサーバ担当者が欲しい。

解決策3フルマネージドでの豊富な運用実績と、
阪急阪神ホールディングスグループとしてのノウハウがあります!

弊社は、ネットワークから独自のサーバホスティングまで、フルマネージドでの多種多様なシステムの運用で培ったITインフラの体系知識、リスクマネージメントや品質管理のノウハウ、体系化されたオペレーション能力をフルに活用して、 お客様システムの運用をサポートいたします。

AWSマネージドサービスの導入メリット

運用トータルコストを削減します

システム運用におけるコスト削減は大きな課題です。
AWSマネージドサービスでは、運用・監視・改善作業をワンパッケージで提供することにより、
システム運用にかかる人件費を大幅に削減できます。

運用・管理を効率化

サービスレベルを向上します

AWSマネージドサービスでは、障害の検知と復旧作業以外にも、障害傾向の分析と改善、
運用フローの見直しなどもサポートしています。 その結果として、
多くのお客様システムのサービスレベルを向上させてきたという実績があります。

障害発生件数の推移/障害対応に要する時間の推移

システム運用の負荷を大きく軽減できます

障害監視や障害対応をアウトソースすることで、24時間365日の緊急対応から解放されます。
また、セキュリティパッチの適用、システム構成管理などの「運用業務」などもアウトソースすれば、
運用業務の負担を大きく減らすことができるため、
お客様は、システムの拡張や機能追加などの発展的業務に専念する事が可能となります。

お客さまご自身で管理を行う場合との比較

AWSマネージドサービスの利用例

オンプレミスからAWSへの移行

オンプレミスからAWSへの移行

クラウド移行による高負荷対策

オンプレミスの基盤では拡張性、柔軟性、調達スピード等様々な課題がありました。AWSのビッグデータソリューションなら、求められるリソース・スペックを驚くほどのスピードで調達でき、さらに高負荷対策も万全です。

短期キャンペーンでも早期にアクセス対策

短期キャンペーンでも早期にアクセス対策

キャンペーンサイトの構築

ソーシャル連携、出稿によるアクセス数を見込むのは難しく、キャンペーン期間中だけの短期利用のためのサーバ調達、キャンペーンサイトを物理サーバで対応するには、限界があります。AWSならこれらの課題を全て解決できます。

高度なDBの冗長化も簡単に実現

高度なDBの冗長化も簡単に実現

データベースの冗長化

DBサーバの冗長化には、意外と手間がかかります。専用のエンジニアがいない企業様にとって、DBの冗長化設計、構築、維持運用を行うことは、非常に手間・時間を必要とします。 AWSのDBサービスRDSを利用すればDBの冗長化も非常に簡単に実現できます。

AWSマネージドサービス内容と価格

お客様のご要望に合わせて、必要なサービスをお選びいただけます。

1)構築代行サービス

構築代行サービスについては、ご要望確認後にプランをご提案させていただきます。
お気軽にご相談ください。

2)監視・障害対応サービス

障害監視(24時間365日)
  • サーバ監視
    サービス/プロセス稼働監視、URL表示監視、ログ監視
障害通知(24時間365日)
  • 自動メールでの通知
  • 自動電話での通知
    (通知例:1回電話が通じるまで通知、通知停止操作するまで通知等)
  • Slack、ChatWork、LINEへの通知
ポータルサイト
  • 監視コンソールとポータルサイトをご用意、システム状況や障害履歴を管理
障害対応(24時間365日)
  • 障害の一次切り分けから二次対応まで、技術者が対応
  • 手順書ベースの復旧ならびに技術的ノウハウに基づく対応
障害情報管理
  • 障害対応、操作履歴の記録及びご要望に基づく提示

初期費用:50,000円~/月額費用:20,000円~/エージェント

  • ※1 サーバ4台以上ご契約の場合の費用となります。詳しくはお問い合わせください。
  • ※2 エージェント数は監視対象インスタンスへ設置する監視エージェント数となります。
オプションサービス
情報管理
50,000円
10台まで定額、
以降は5,000円/台
  • システム情報を更新・管理します。
    (システム構成図、OS、ミドルウェア、設定情報等)
  • 管理情報はポータルサイトに掲載し、お客様と共有いたします。
セキュリティ管理
5,000円/台
OS、ミドルウェアのセキュリティパッチをお客様と協議の上、適用致します。
また、アクセス制御を行います。
  • セキュリティ情報提供
  • OS、ミドルウェア更新
  • アクセス経路設定、アクセス制御設定
レポートと定期報告(月次)
120,000円
10台まで定額、
以降は 5,000円/台
日々の運用より取得した情報、及びそれから得られる考察をレポートにまとめ、報告します。
  • リソース報告、障害報告、作業報告
  • 将来予測、キャパシティプランニング、考察
運用代行 サーバの設定変更
(月10件まで)
150,000円/月
サーバのOSやミドルウェア設定変更作業を実施し、
設定台帳等の管理資料を更新します。
アカウント管理
(1件当たり50アカウントを
月2件まで)
150,000円/月
アカウント変更(追加・更新・削除)作業を実施し、
設定台帳の管理資料を更新します。
監視・運用設計
個別見積
お客様システム環境を調査・情報整理の上、障害発生時のポイントを明確にする監視設計、障害復旧時間を最短にする障害対応手順を作成します。
  • 監視仕様書作成
  • 障害対応手順書作成
システム改善・技術検証
個別見積
システムパフォーマンスを最大化するための技術検証・改善施策を行います。
  • オープンソースソフトウェアの動作検証
  • パフォーマンス検証
  • システムインフラ最適化
  • レスポンス改善

3)支払代行サービス

AWSへの支払いを代行し、日本円の請求書を発行いたします。

初期費用:0円/月額費用:AWS利用料金の10%相当