TOP > コラム > AWS(Amazon Web Services)とは

AWS(Amazon Web Services)とは

2021/7/21

AWSとは


AWSとはAmazon Web Servicesの略称で、Amazonが提供するクラウドコンピューティングサービスの総称です。元はAmazonが自社のECビジネスのインフラを支えるために作られた基盤でしたが、世界中から集まる膨大なアクセスを処理できる環境を、他社にも提供しようとしたのがはじまりです。

サーバを構築できるサービスであるEC2がよく知られていますが、データを保存するストレージサービスS3(Simple Storage Service)や、データベース機能を提供するRDS(Relational Database Service)にはじまり、AIやIoTの分野など、サービスは多岐に渡ります。AWSの提供する様々なアプリケーションを活用して、自社ビジネスの拡大を目指すという流れが世界的に広がっています。

一般的なAWS Webサーバ構築手順(EC2)


1. AWSアカウントを作成
2. コンソールにサインイン
3. インスタンス(仮想サーバ)の作成
・Amazonマシンイメージ(AMI※)の選択
・キーペア(インスタンス接続認証のための秘密鍵)の作成
4.セキュリティグループ(ファイアウォールのルールセット)の設定
5.インスタンスに接続(SSH)
6.Apacheのインストール
7.ブラウザでの表示確認(パブリックDNSかパブリックIPを使用)

大きくは上記のような流れで構築しますが、アップするコンテンツに合わせた詳細設定を行う必要があります。サービスの安定稼働を実現するためには、サーバに関する知識だけでなく、コンテンツの運用ノウハウも含めた幅広い知識と経験が求められます。

※AMI:インスタンスの作成に必要なソフトウェア構成(OS、アプリケーションサーバ、アプリケーション)を含むテンプレートのこと。

AWS構築のサーバ構成例


AWS環境でサーバ構築する際の構成サンプルをご紹介します(株式会社アールワークス提供)。

  • WEB/DBサーバー(EC2x1)構成

    ・EC2 1台で、WEB/DBサーバー構成を構築。
    ・アクセス数が少ないシステムの前提で、
     最小構成でコストを抑えた構成です。

    WEB/DBサーバー(EC2x1)構成
  • WEBサーバー+DBサーバー(EC2x1+RDSx1)構成

    ・EC2 1台とRDS 1台 で、
     WEBサーバー+DBサーバー構成を構築。
    ・小規模構成ですが、AWSの機能を用いることで、
     DBソフトウエアの管理に手間をかけたくない場合に
     適した構成です。

    WEBサーバー+DBサーバー(EC2x1+RDSx1)構成
  • LB+WEBx2+DBx2(Multi-AZ)構成

    ・ELB 配下で、EC2 2台、RDS 2台を
     Multi-AZ構成で構築。
    ・Multi-AZ にホットスタンバイのインスタンスを
     配置し、耐障害性や可用性を高めたい場合に
     適した構成です。

    LB+WEBx2+DBx2(Multi-AZ)構成

関連資料・関連サービス

お電話での
お問い合わせはこちら

東京
03-6740-6008
03-6740-6008
大阪
06-6347-0392
06-6347-0392

10:00~18:00(土日・祝日除く)

トップ